为什么能源股大涨

論文タイトル 著者 出典、巻号ページ、年
Low altitude remote-sensing method to monitor
marine and beach litter of various colors
usinga balloon equipped with a digital camera
Kako S. A. Isobe
S. Magome

Marine Pollution Bulletin
64(6)、1156-62、2012

千葉県小湊における大型海藻類植生の現況と変化 長谷川幸一 秋本泰 北野慎容

海洋バイオシステム研究
(Marine Biosystem Research)
25、2-13、2011

若狭湾における基質空隙と藻場形成との関係について

長谷川幸一 山本正之 片山洋一 

小嶋純一 藤井誠二 北野慎容

水産工学(Fisheries Engineering)
47(3)、173-181、2011

兵庫県瀬戸内海沿岸域における現在の藻場分布域と
1950年代の推定藻場分布域との比較事例

北野慎容 安宅政志 吉永一男
三木宗和 安信秀樹 中嶋泰

水産工学(Fisheries Engineering)
47(3)、189-196、2011

Establishment of numerical beach-litter
hindcast/forecast models:An application to
Goto Islands、 Japan

Kako S. A. Isobe、S. Magome
H. Hinata S. Seino A. Kojima

Marine Pollution Bulletin
62(2)、 293-302、2011

Using aerial photography and in-situ measurements
to estimate the quantity of macro-litter on beaches

Nakashima E. A.Isobe S. Magome
S. Kako and N. Deki

Marine Pollution Bulletin
62(4)、 762-769、2011

Sequential monitoring of beach litter using Webcams Kako、S. A. Isobe. S. Magome

Marine Pollution Bulletin
60(5)、 775-77、2010

漂流・漂着ゴミと海洋学
-海ゴミプロジェクトの成果と展開-

磯辺篤彦 日向博文 清野聡子
馬込伸哉 加古真一郎 中島悦子
小島あずさ 金子博

沿岸海洋研究
49(2)、139-151、2010

湧昇マウンド礁による低次生産効果把握のための
現地調査および数値計算手法の開発

中山哲嚴 八木宏 藤井良昭
渡邉浩二 岡野崇裕 武田真典
渡辺秀俊 高城隆昌 小川浩史

土木学会論文集B2(海岸工学)
B2-65(1),801-805,2009

静岡県榛南磯焼け海域における

カジメ育成への食害防除網の効果

増田博幸 鈴木敬道 水井 悠、
西尾四良 堀内俊介 中山恭彦

水産工学 Fisheries Engineering
44(2)、119-125、2007

三陸沿岸海域への黒潮系水の侵入について

永田豊 小熊幸子 鈴木亨
渡辺秀俊 山口初代 高杉知

月刊海洋
32、 800-807、2000

三陸沿岸域海況の季節変化について

小熊幸子 鈴木亨 永田豊
渡辺秀俊 山口初代 高杉知

月刊海洋
32、 815-823、2000

海洋データセット作成・管理に際して発生し易い誤りとその原因.
-II. 岩手県水産技術センターの事例と重複データの取り扱い-

柏野祐二 渡辺秀俊 山口初代
Bambang Herunadi Djoko Hartoyo
青山道夫

海洋科学技術センター試験研究報告
38、 35-54、1998

Low frequency ocean variability
between Mindanao and New Guinea

Kashino、 Y.  H. Watanabe H. Yamaguchi
B. Herunadi D. Hartoyo and M. Aoyama

Journal of the Faculty of Science
Hokkaido University、 11、 411-439、1998

Moored measurement of the Indonesian Throughflow
at the southwestern edge of the PhilippineSea

Watanabe H. Y. Kashino H. Yamaguchi
M. Aoyama B. Herunadi K. Ando
K. Muneyama H. Mitudera and Syaefudin

International WOCE Newsletter
27、 26-30、1997